東京都内の素敵なカフェを 360パノラマでご紹介


a-bridge

Exif_JPEG_PICTURE

三軒茶屋のビルの屋上から、独特の世界観と、Artや創作に対する様々な想いを発信し、活動する、「a-bridge」さん。tc360のスタッフも大好きで、たまにお邪魔するお店です。昔ながらの街並や商店が点在し、都心では珍しい路面電車の起点ともなっている三軒茶屋。国道246号とその上に走る首都高が街のど真ん中を走り、世田谷通りの付け根にあたるその交差点付近には、今と昔、地域と地域が混在した、都内でも有数の「るつぼな街」が形作られました。「a-bridge」さんは、そんな三軒茶屋のイメージを凝縮したようなお店です。三軒茶屋の交差点から世田谷通りを歩いてすぐ、商店の合間の細い路地を入って右のマンションの入口に、小さな看板がチョコっと置かれています。「え?ここ?」と、少しびっくりするかもしれません。ごく普通のこのマンションの、最上階にお店はあります。エレベーターで「RF」にのぼり、降りて正面の入口を入ると、なんとも言えない「るつぼ」な世界が広がります。マンションやエレベーターが少し暗いイメージなので、明るい店内に少しホッとするような感じもあります。

店内の装飾や家具にはひとつひとつに強烈な個性があります。


どんな風に表現すると良いのでしょうか。。アジア的、キャンプ的、DIY的、屋根裏風、隠れ家風、などなど、色んな形容詞が浮かんできますが、どれもその雰囲気の一端だけしか言い当てられていないような、もどかしい感じがします。とにかく雑多でエキゾチックな雰囲気が、このお店の最大の魅力。インテリアや装飾、そのひとつひとつを見比べてみると、どれもバラバラで共通項が見当たらないように思えますが、そこかしこに散りばめられたアート作品や壁画を加え全体としてこの空間を眺めてみると、「これしかない」というくらいの統一感があります。この素敵さを360°パノラマ写真で是非ご覧下さい。お店のある最上階は、元々このビルのオーナーさんが自宅として使っていた場所とのこと。今のお店の一部はもともと建物(屋根)のあった場所ですが、2004年にa-bridgeさんがこの場所に移転するにあたり、大胆に改装・増築したそうです。「a-bridge」さんはこのお店の運営とともに、店舗内装などのデザインを手がけるインテリアデザインチームでもあります。全て自らの手で創り上げたこのお店そのものが、代表作品です。

一見雑多なようで、全体として統一感のある素晴らしい空間装飾


カフェ、ラウンジ、バー、イベントスペース、ライブスペース、様々なスタイルが融合した「a-bridge」さん。「新進のアーティストが世に出る後押しをしたい」というオーナーさんの強い想いもあり、お店では頻繁にさまざまなイベントが開催されるほか、独自のレーベルも運営しています。イベントのスケジュールは、ホームページに詳しく掲載されています。るつぼな街、三軒茶屋から、エネルギッシュにアートや文化を発信する「a-bridge」さん。三軒茶屋に来たら、一度は体験してほしいお店です。





a-bridgeの基本情報

所在地 世田谷区三軒茶屋2-14-12 三元ビル RF
電話番号 03-3418-5013
営業時間 平日:12:00~25:30
休日:12:00~24:00
定休日 水曜日
座席数 30席
交通 東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩約4分

詳細情報・特徴
  • 喫煙可
  • Wi-Fi利用可
  • 電源利用可
  • テラス(屋上)

a-bridgeのギャラリー

a-bridgeの地図

area: その他のエリア